ED治療薬シアリス

ED治療薬シアリス/心の余裕が違う36時間効果。

ED治療薬シアリス

ED治療薬と言われる薬のなかで、日本発売が最も遅い「シアリス」ですが、世界の中ではNO1のシェアを持っています。

 

その魅力は何と言っても、バイアグラの5時間やレビトラの10時間といった持続時間を大幅に超える36時間(20mg)という長時間効果です。

 

36時間と言うと、まるまる一日と半分ですよね。

 

 

例えば金曜日の夜に飲めば、日曜日の朝まで効果が持続する事になるんです。

 

その事は、いちいちベッドインの時間を考えて薬を服用したり、最も効果が強く現れる時間を考慮しなければならないバイアグラやレビトラと違い、余裕を持ってパートナーと過ごせる事になります。

 

ただし、シアリス、バイアグラ、レビトラともに飲むとすぐに勃起する効果のあるいわゆる「精力剤」ではありません。

 

あくまでも、性的刺激によって勃起を補助する効果があるお薬なんです。

 

シアリスには[5mg] [10mg] [20mg]の3種類の錠剤があります。

 

初めてシアリスを服用する場合は、[5mg] 錠から飲み始めることをお薦めします。

 

低い作用の物から始めることによって、自分にはどの程度の効果のものが合っているか判断できるからです。

 

例えば、[10mg] 錠で十分効果があれば、[20mg]錠をピルカッターで半分にすればコスト削減になりますよね。

 

シアリスの気になる副作用は、他のED治療薬と共通で、「顔のほてり」や「目の充血」「頭痛」「動悸」「鼻づまり」などの症状を感じる方がいます。

 

「ニトログリセリン」などの硝酸剤との併用は使用禁忌になっていますが、重篤な後遺症が発生する可能性は極めて低いと言えます

 

EDの悩みを解決するED治療薬シアリスの事を詳しく解説していきますので、一緒に勉強しましょう

ED治療薬シアリス・通販

スマートフォンの普及に伴い、インターネットを利用してショッピングを行う「インターネット通販」の利用者が急増しています。

 

H27年版総務省情報通信白書によると、平成26年末のインターネット利用者数は、10,018万人となっており、人口普及率は82.8%となったとのことです。

 

日本人の10人のうち8人はインターネットを利用していることになります。

 

インターネットの年代別利用目的では、「電子メールの送受信」が各世代で最も多くなっており、「電子メールの送受信」、「商品・サービスの購入・取引」、「地図・交通情報の提供サービス」については、20代〜50代の利用が5割を超えていると言う結果になっています。

 

 

アマゾンを始めとしたネット通販を利用すれば、都会に住んでいなくても自分の好きな物が自宅まで届いてしまう時代です。

 

しかも、100%に限りなく近く、欲しい品物が手に入ります。

 

ED治療薬など、店頭で購入する事に抵抗のある商品は特に「ネット通販向き」な商品と言えるでしょう。

 

自分以外の第三者と顔を合わせる必要が無く、わざわざ店舗に出向く必要もないことは想像以上に大きなメリットなんですね。

 

しかし、逆の見方をすれば、その商品が本物かどうかの判断をするのは自分以外にはなく、ほとんどがネット上の業者を信用して購入していると言うことなんです。

 

 

ED治療薬に関する調査によると、「自分がネットで購入した物は本物だと思う」と回答した人は87.7%にも登ると言う結果が出ています。

 

ネット上に流通している薬剤の80%は偽物(ニセモノ)とも言われています。

 

ネット上のサイトの見た目だけに惑わされずに、正しい情報を身に付けて本物を見分ける「目」を養う事が、ネット被害から自分の身を守る方法なんです。

ED治療薬シアリス・ジェネリック

最近テレビなどでよく耳にするようになった「ジェネリック」とはどういう意味があるんでしょうか。

 

「ジェネリック」の意味は、「一般的な」とか「ブランドにとらわれない」などですが「ジェネリック医薬品」と言うと、別名「後発医薬品」と呼ばれ、一般的に広く使用され、効能や安全性が確立された医薬品の事を意味します。

 

ジェネリック医薬品(後発医薬品)に対して、新薬(先発薬)は全く新しく研究開発された薬のことを言います。

 

新薬(先発薬)には、約 10〜15 年と言う長い時間と、250〜800 億円超という膨大な費用がかけられています。

 

なので、それらの経費を回収する必要があるため、新薬の値段は高く設定されているんです。

 

新薬(先発薬)に対してジェネリック医薬品(後発医薬品)は、新薬のノウハウを使えるため新薬ほどの経費をかけなくても済むんです。

 

 

そのため、新薬(先発薬)に比べてかなり安い値段で発売することができるんです。

 

日本では、高齢化の影響で社会保険の中の医療保険の負担が大幅に増え続けています。

 

医療費の削減策として注目されているのが、ジェネリック薬品の使用です。

 

厚生労働省では、平成25年4月に「後発医薬品のさらなる使用促進のためのロードマップ」を策定し、平成30年3月末までに、後発医薬品の数量シェアを60%以上にするという目標を掲げました。

 

ちなみに、平成25年9月時点で、後発医薬品の数量シェアは46.9%となっています。

 

具体的な施策として、政府は2014年度の診療報酬改定で、病院については、診療報酬に大きく影響する「後発医薬品係数」を導入し、調剤薬局については、「調剤体制加算」というジェネリックを使えば使うほど、収入が増えるような制度を強化しました。

ED治療薬シアリス・PDE5治療薬

ED治療薬は「PDE5阻害薬」という呼ばれ方をする場合があります。

 

シルデナフィル(商品名バイアグラ),バルデナフィル(商品名レビトラ),タダラフィル(商品名シアリス)の3種類は、臨床使用が許可されているPDE5阻害薬です。

 

PDE5はホスホジエステラーゼ(PhosphoDiEsterase)5の頭文字を取ったもので、ペニスの中にたくさん存在しています。

 

PDE5は、血流を促し勃起を促進する細胞内のセカンドメッセンジャーであるサイクリックGMP(cGMP)を分解する働きがあります。

 

サイクリックGMP(cGMP)は、は一酸化窒素を介してペニス内の海綿体の平滑筋を弛緩させることができるため、ペニス内への血流を高めて勃起を促進することができるんです。

 

勃起のシステムのなかで、平滑筋の弛緩は大変重要な部分です。

 

平滑筋が弛緩すると動脈から海綿体への血液の流入量が増加して、 海綿体が膨らんで勃起につながるからです。

 

このように勃起のシステムに重要な役割を果たしているサイクリックGMP(cGMP)を分解してしまうPDE5の働きを文字通り「阻害」して、ペニス内海綿体内のcGMP濃度を高めるのが「PDE5阻害薬」であるシアリスを始めとしたED治療薬なんです。

 

あくまでも、勃起の初期段階は主に興奮が自律神経を介してペニスに伝達されることから始まるので、いわゆる「精力剤」のように薬を飲んだことによって興奮状態を起こさせるのとは根本的に違うんです。

ED治療薬シアリス飲み方

ED治療薬シアリスのポテンシャルを100%引き出す服用方法について説明します。

 

結論は「空腹時に服用する」事です。

 

単純な答えなんですが、意外と勘違いしていて「シアリスを服用したけどあまり効果が無かった」という話をよく聞くんですね。

 

シアリスは食事の影響を受けないという宣伝文句があるため、食事の直後に服用しても長時間効果が持続すると思っている人が多いんじゃないでしょうか。

 

もちろん個人差があって、食事直後に服用しても何の問題もなく効果を実感できる人もいるでしょう。

 

 

バイアグラなどに比べて、シアリスは効果がゆっくり現れるため、食事の影響を感じることが少ないとも言えます。

 

口から入った食物は食道から胃を経由して大腸に達し、大腸の粘膜から血液中に養分が吸収されます。

 

この時、シアリスの成分である「タダラフィル」以外の食物が入っていると、「タダラフィル」が優先に吸収されるわけでは無いので、どうしても吸収が悪くなってしまうため空腹時に比べて効果が落ちる場合があるんです。

 

「腹が減っては戦は出来ぬ」という諺があるように、ベッドインの前には食事をしておきたいですよね。

 

その場合は、空腹時にシアリスを服用して、完全にシアリスの成分である「タダラフィル」が血液中に吸収されると言われる食事後30分を経過した後に食事をして下さい。

 

「タダラフィル」が血液中に完全に吸収されてしまえば、いくら食事をしてもかまいません。

 

シアリスの服用のタイミングは、性行為の3時間前と言われているので、時間に追われて食事をする必要もなく美味しい物をゆっくりパートナーと食べることができます。

 

「空腹時に服用する」これがED治療薬の飲み方の基本と言って良いでしょう。

ホーム RSS購読 サイトマップ